近くの古屋が解体されて、3軒新築されました

貧富の差が厳しいです。どこが厳しいというのかというと、生活スタイルがというか、気持ちです。明らかに、嫌がらせのようなことを平気でする若い夫婦も多いのです。わかりやすい時には、それも面白いです。わかりやすいのも、わかりにくいのも織り交ぜながら、やってくるのです。
信じられないと思いますが、現実です。わかりやすい例で、面白かったのは、駐車する場合なのですが、狭い駐車場でとても苦労して車を止めています。道自体が狭いのです。ご近所の方はたいていがご苦労して、簡単に車を止めることはできないのです。譲り合いながら頑張っています。
すると、近所の悩みの種だった、ぼろぼろのぼろやを解体して、新しい家が3軒、今年になって建ったのです。近所はうれしくてうれしくて、あのぼろ家を見なくて済むのかと思うと喜びしかなかったのです。
すると、そこに入居してきた、2歳の男の子のいる夫婦の妬みが始まったのです。車の車庫入れがうるさいというのです。