50年を過ぎて始めたサックスですが、懸念もありながらも曲が吹けると有り難い。

厳しい買い出しをしてしまい、終わりれなくなったのです。
厳しい買い出しとは、楽器のサックス。ひと月分の給料を丸々使ってしまいました。
今日は、特訓日光でしたが最初の気力は、何処へやら。少し苦痛になってきている次第です。
楽器は、練習しないと上達しないのは、明々白々。
家で特訓やるのって難しいです。元来のぐうたらですのできっちりは、辛くなってしまう。
それでも、サックスをカッコ良く吹く空想だけははじめ社会。
特訓は、レッスン料勿体無いので真面目にマイサックスを抱えて休まず行きます。
こんなぼくですが習い始めて早3カテゴリーが過ぎました。
特訓は、真面目に控えるけど特訓には行くのでカタツムリの階段のごとくさっとづつは、アップはしています。
今年の売り出し会では、教官と一律とは言え、ソロに勝負だ。
ディズニーの「星に思いを」を吹く。
こういう曲を吹きたくて始めたサックスなのです。
ちょいづつ曲になってきたのが相当相応しい特訓日光でした。
こういう嬉しさを頑張りに家でも練習しようと、舞い戻りながら考え、今日は、帰ったらたちまち復習しようと思っていました。
ところがむしろ建物に着いたら、まっいいかぁ?後々…と、なっているぼくは、ぐうたらだ。
明日からは、特訓頑張ります。