嫌いな人の図書はよむ意思が起きないんですよね

近頃、十中八九芥川賞や直木賞受賞の正規を読んでいるのですが、それは著者のことを知らないからであって、又吉さんのように分かる人のはよむ考えが起きないんですよね、何だか。まあ旦那のことがどっちかっていうと好きでないからなのもありますね。だから有名な著者の正規はほんとに読まないですね。どうもよむ考えが起きません。だから火花もライブラリーで借りては見たけど、間もなく読みやめましたね。単純につまらなかったからですが。俺、陳述がどしどし結び付くのが好きなんです。からきしあれこれのようにとかそんな意味の思い付か論文で作ったのって嫌いなんですよね。村上春樹さんのなんて嬉しい見本ですよ。ああいうの駄目ですね。一方、曲となると一人ひとりですね。大嫌いな芸能人でも歌は一人ひとりですね。ボーカリストなんて嫌いな者ばかりだけど、その人が歌う曲は聴きますね。不思議ですね。正規は嫌いな人のはよむ考えがちっとも控えるのに、曲は聴く。何だか好きな曲はすべて面持も持ち味も嫌いなんですよね。