お母さん支えたぐいの会でワイワイ売りました

今日は女性支援同士でつくった類行いの日でした。子どもたちも連れて公園に行きました。ひと月に1回しか会えないのが残念です。公園は付近だったので一心にいく配列でした。
ブランコが好きなので、うちのお子さんはさらにブランコに乗って遊んでいました。午前中の早い内に皆で遊んで、真昼は近くの喫茶店に行きました。子連れも安心できる喫茶店で、授乳室やオムツ替えの席までありました。予約していたので、午前でしたが入れました。普通に行くと半は待たなければいけない人気店だ。子どもたちはホットケーキを食べて、アダルトたちはコーヒーという個々昼食を頼んで食べました。
半年前は子どもたちが依然として小さかったので面倒でしたが、今は落ち着いて食べられるので開発を感じました。
喫茶店は1日にちで生まれる日程でしたが、だらだら報告が進んで元来2時間も楽しんでしまいました。
後皆に巡り会えるのは1カ月後半だ。たまにそうして出会うためリフレッシュになるし、子も仲良しができて良いですね。ミュゼ 100円

習慣のできていないキッズが多かったです

大阪では、ちゃんと信じられないことが起こります。風土があります。
赤ん坊が大阪東部の小学生をめぐっていたときのことです。こういう小学生では、思い切り、物がなくなりました。しつけです。切ないかな、学年をまたいで、物がなくなり、使い終わると、どっか、際立つところに放り投げておくのです。
そこで、お給食も学園は、お当番のエプロンを学園抱えではなく、人抱えにし、自分で、解離させるのです。
とりわけ、こういう構成にも驚きました。エプロンなど、貰うものではなく、学園で借り受けるやり方という心中だったからだ。但し、自前なので、アイロンもかけないですばらしいし、ヘルプが少ないといった、いいところもあると感じていました。
だが、小学1年生のころ、昔からの因習で、給食手提げは、使うとすぐに洗って、学園にもっていかせていたのです。すると、ライフスタイルのできていないお子さんが多く、忘れてきては、先生が「敏様に借りなさい」といった、指導していたというのです。お金借りる 即日